最新のニュース一覧

災害子ども支援センターをご利用ください (2013.07.29)

震災により困難を抱えている方へ-
  災害子ども支援センターをご利用ください

 

災害子ども支援センターは、東日本大震災の発生をうけ、被災した子育て世帯を支援するセンターとして2011年12月に設立しました。2013年度も活動を継続しています。

*みやぎいのちと人権リソースセンター2階では、お子さんの一時預かり<ポルカ>を実施しています。

詳細は、http://saigai-kodomo.org/act/2013-07-05こちらをご覧ください。

 

■災害子ども支援センターの事業

1.情報収集と提供
2.物資支援
3.子育てに関する相談 等

 

■所在地

仙台市宮城野区幸町4-7-2
みやぎいのちと人権リソースセンター1階

-開館時間:平日9:30~17:00
-電話番号:022-292-5290

■事業の詳細

1.情報収集と提供

子育てや女性に関する情報を提供しています。館内ラックの各種チラシをご覧ください。その他必要な情報があればお問い合わせください。

2.物資支援

震災の影響で困難を抱えている子育て世帯を対象に、物資提供を行います。状況をお聴き取りした上で、対象となった場合は登録の上ご利用いただけます。
(提供している物資は、おむつ等の子ども用品や日用品です)

3.子育てに関する相談

災害子ども支援ネットワークみやぎは、様々な団体や個人で組織されており、多方面の専門家が加わっています。困難な問題がありましたら、一度ご相談ください。まずは窓口職員がお聞きし、その後、一緒に解決方法を考えます。

 

 

<運営団体:災害子ども支援ネットワークみやぎ>

東日本大震災の発生により、困難を抱える子育て世帯・子ども・学校・幼稚園・保育所等を支援します。

【受講生募集!】子どもサポーターズ養成講座 (2013.05.08)

子どもの環境や心の問題を学び、子どもの声に耳を傾け、

  子どもをサポートする活動をしてみませんか?

*災害子ども支援ネットワークみやぎの協力団体、チャイルドラインみやぎより、講座のお知らせです。

 

「チャイルドライン」は、どんな悩みも受け止める、18歳までの子どもがかけるフリーダイヤルです。2012年度には、宮城県の子どもから14,583件の電話を受けました。

いじめや震災後の悩みなど、子どもたちの様々な声を聴く「チャイルドライン受け手ボランティア」の養成する講座として、「子どもサポーターズ養成講座」を実施します。

 

受講後は、電話の受け手としてだけでなく、被災した子どもの支援活動や、仮設住宅の子ども支援ボランティアとしてもご活動いただけます。子どもたちのために、ご一緒に活動してみませんか。

 

● 日時

 2013年 5月26日(日)、6月2日(日)、9日(日)、16日(日)
 各回11:00~16:45
 *各日程の講座内容詳細はこちら
 

● 場所 

 アムウェイプラザ仙台
 (青葉区本町2-2-3鹿島広業ビル1F/地下鉄広瀬通駅東2出口より徒歩1分)
 

● 受講料

 一般4,000円・学生2,000円

 

● 参加方法

 全講座受講 と 一般聴講(1講座500円)のいずれかを選択
 *定員40名

 

● 申し込み

 下記の必要事項を、事務局へお知らせください。(メール、FAX、電話可)

 ・全講座受講希望者:
   ①お名前 ②ご住所 ③電話番号 ④年齢 ⑤学生の方は学校と学年
 ・一般聴講者:
   ①お名前 ②ご住所 ③電話番号 ④年齢 ⑤学生の方は学校と学年 ⑥希望の講座

*FAXでのお申込みの場合は、こちらの告知チラシを印刷してご利用ください。
 

● その他

 ・電話受け手をご希望の場合は、修了後、面接と現場研修があります。
 ・活動にあたっては正会員として会員登録をしていただきます。(1口2000円/年)

 

お問い合わせ・申し込み先】

特定非営利活動法人チャイルドラインみやぎ 事務局(受付時間 平日10~16時)
〒981-0954 仙台市青葉区川平1-16-5 スカイハイツ102
TEL / FAX:022-279-7210  E-mail:c.l.miyagi@viola.ocn.ne.jp

 

子育て応援キャラバン多賀城へ (2011.09.06)

8月18日は多賀城の太陽の家で、人形劇公演を行いました。被災して太陽の家で保育を行っているおおぞら保育園の園長先生とお目にかかったのがご縁で実現しました。多賀城市のこども福祉課・生涯学習課のご支援もあって、100人ほどの参加者がありました。

被災幼稚園に支援の手 (2011.08.21)

被災幼稚園に支援の手 (2011.08.21)

8月1日にご紹介したおおぞら保育園に、このブログを見た方から寄付が寄せられました。さっそく、災害子ども支援ネットワークみやぎ代表世話人の小林が園長先生にお届けしました。

4 / 41234